レーザー脱毛にも欠点があることを知っておく

うち漏れが発生することがある

レーザー脱毛は一般的に約2~3週間後毛が抜け始めますが、部分的に毛が抜けないで残ることがあり、こうしたことになるのはレーザーの打ち漏れが原因です。そしてどうしてそうしたことが起きるのかと言えば、レーザーは肌に均等に当てていきいますが、誤ってレーザーを同じ箇所に2回当てると、肌が大きなダメージをおいます。そして施術スタッフは、箇所が重ならないよう注意しますが、隙間の部分がどうしても出て、まったく脱毛できないうち漏れ部分が発生します。

事前にカウンセリングを受けてみる

レーザー脱毛は肌に熱エネルギーをくわえて施術して、レーザー出力が強すぎたり肌が弱いとやけどしてしまうかもしれません。レーザー脱毛は多かれ少なかれ痛みを伴い、クリニックは輪ゴムをはじいた痛みを説明しますが、これには個人差があります。施術で利用する機器により痛みが変わってきて、事前カウンセリングで種類を確認しましょう。レーザーは一時的に肌ダメージを与えて効果を得るもので、成功してもアフターケアを怠ったりすれば、肌トラブルが起きたりします。

レーザー脱毛をするためにも

最近手ごろな価格になっている医療レーザー脱毛ですが、なるべく少ない回数で効率よく終わらせたいものです。脱毛効果を高めるためにセルフケアで肌の状態を整えることが大事。毛抜きの自己処理は避けてください。毛を自分で抜けばレーザーに反応する毛根がなくなり、施術が無駄になw理ます。そしてもう周期が不規則になりますから、しっかり脱毛効果を得られなくなります。信頼できる期間で施術を受けると、確実な効果を期待できるレーザー脱毛ですが、なるべく少ない回数で完了するために肌のコンディションを保ってセルフケアをしましょう。すると1回で効果が高まります。

医療脱毛を新宿で行う場合に、美容形成外科がたくさんあるためカウンセリングを受けて信頼できるところで行うことが大事です。